まぁ、代休を使ったわけです。で、CMでひたすらこれが流れてたのはそういう事だったのかぁ、と思わず思ったり。

 しっかし、クチバシP、いつの間にCMに起用されたし。一ファンとしては嬉しい限りですが。



 以下、後半へ続く。



 そんなわけで行ったきました。相変わらず、後ろの方でしたが、前回も後ろだったので、経験を生かし、どうにかこうにか拝めました。

 選曲は2chよりコピペ。

1Ievan Polkka/otomania feat.初音ミク
2.こっち向いてBaby/ryo feat.初音ミク
3.二息歩行/DECO*27 feat.初音ミク
4.アルビノ/buzzG feat.初音ミク
5.え?あぁ、そう。 /蝶々P feat.初音ミク

メドレー
 6.ぽっぴっぽー/ラマーズP feat.初音ミク
 7.トリノコシティ/40㍍P feat.初音ミク
 8.キャットフード /doriko feat.初音ミク
 9.崩壊歌姫 -disruptive diva-/マチゲリータP feat.初音ミク
 10.白い雪のプリンセスは/のぼる↑ feat.初音ミク
 11.ワールズエンド・ダンスホール/wowaka feat.初音ミク&巡音ルカ

メドレー
 12.ダブルラリアット/アゴアニキ feat.巡音ルカ
 13.No Logic/ジミーサムP feat.巡音ルカ
 14.RIP=RELEASE/minato(流星P) feat.巡音ルカ
 15.Japanese Ninja No.1/デッドボールP feat.巡音ルカ
 16.ルカルカ★ナイトフィーバー /samfree feat.巡音ルカ

17.結ンデ開イテ羅刹ト骸/ハチ feat.初音ミク
18ローリンガール/wowaka feat.初音ミク

※30分休憩☆

19.trick and treat/OSTER project feat.鏡音リン・鏡音レン
20.悪ノ娘/mothy_悪ノP feat.鏡音リン
21.悪ノ召使/mothy_悪ノP feat.鏡音レン
22.いろは唄/銀サク feat.鏡音リン

メドレー
 23.炉心融解/iroha(sasaki) feat.鏡音リン
 24.ココロ/トラボルタ feat.鏡音リン
 25.メランコリック/Junky feat.鏡音リン
 26.リンリンシグナル/Dios/シグナルP feat.鏡音リン・鏡音レン
 27.SPICE!/minato(流星P) feat.鏡音レン
 28.Fire◎Flower/halyosy feat.鏡音レン

メドレー
 29.Packaged/livetune feat.初音ミク
 30.*ハロー、プラネット。/sasakure.UK feat.初音ミク
 31.マージナル/OSTER project feat.初音ミク
 32.初音ミクの激唱/cosMo(暴走P) feat.初音ミク

33.歌に形はないけれど/doriko feat.初音ミク
34.Yellow/livetune feat.初音ミク
35.タイムマシン/1640mP feat.初音ミク
36.ARiA/とくP feat.初音ミク

アンコール
37.カラフル×メロディ/ちーむMOER feat.初音ミク
38.メルト/supercell feat.初音ミク

ダブルアンコール
39.初めての恋が終わる時/supercell feat.初音ミク


 しかしなんでしょうね。前回が良すぎたのかなんなのか……。だいぶ肩透かしを食らった感が……。

 見やすくするためにスクリーンじゃなくてディスプレイにした。まぁ、そこは百歩譲りましょう。でも、あれじゃぁ、バンドマンたちがかわいそうすぎやしませんか? あんなに端に追い込まれて、なんか申し訳ない気分になりましたよ。腕がいいかどうかは、私のようなダメな耳では正確に判断できませんが、それでも左の人の人は盛り上げようとしていましたよ? せめて、バンドマンの紹介ぐらいしてあげようよ、別にミクに喋らせなくてもいいからさ。

 Pさんたちの扱いは相変わらず。前回のようにニコ生とのからみがなかった分だけさらに酷くなったか? それでも、OSTERさんとかノッていたし、頑張ってたなぁ。

 前座については、まぁ、前座ってこんなモノなんじゃね? ということで。ただ、うん、なんだかんだで悪い印象はなかったですね。

 モジュールは新しいのがいくつもあって楽しめました。リンレンが優遇されていて、ルカにもなにか作ってあげろよ、とは思いましたが。キャラクター自体もマンガよりになっていた様子。表情が結構変わっていたように思えるけど、距離があったので、気のせいの可能性もありますね。

 なんだかんで納得できないのが、メドレー。特に、後半のメドレーはどうも、納得いかない私です。packaged、そこで?! とか思ったり、リンリンシグナルも、えぇぇえええ、だったりと。まぁ、この辺りは好き好みが激しいそうかな? そんななか、歌に形はないけれどはどんな状況でも名曲である、という自分の中の思い出補正がいかに素晴らしいかを確認できました。
 存在感? 外国で開催されているワールドカップをスタジアムで観戦しているようなものでしょ?

 選曲だとARIAからはアンコールとなってますが、どう考えてもあれはアンコールじゃないから。作り方がおかしいだろ? 会場もメッチャクチャ戸惑ってたし。?え? てな具合に。サクラっぽい人が、アンコールと叫んで、終わったの? って余計に戸惑って、オーディエンスは、ミクコールって、えぇぇええええええええええ!! ボカンと大砲撃つのが終わりの合図ではありませんからっ!

 なにより謎なのか、あの30分の休憩。あの沈まぬ太陽ですら、インターミッションは15分だったんだぞ? 30分はさすがにないだろう? 私は途中で抜けだして、ビールをもらいましたが、会場からはなにも聞こえてなかったので本当になにもなかったのでしょうね。
 どうやら、なにか流すようだったが、機械トラブルでだめになり、なぁなぁになったとか。しかし、それなら、参加Pやバンドマンの紹介などいくらでも穴埋めする対策はあっただろうに……。なんだかなぁ。

 なにより、ここにきた客がみんな頑張っていた! なんどもどん底になろうとなりながらも這い上がっていたみんな、本当にスゲェよ! これ、マジで。

 そんなわけで、どうも、料理の仕方をミスっているように思えてしまったミクパでした。素材の良し悪しじゃないんだよ、なんかこう、バラバラなんだよ。まぁ、頭に書いたように、前回が神掛かり過ぎたのだ、といわれれば、まぁ、そうなのかもなぁ、と思いますが。とはいってもやっぱり、ミクfesが観たいんだよなぁ。今じゃ無理だろうけど。

 そういえば、映画館組はどんなふうだったのだろうか? ニコ生は、私がカメラを回しているかのようで、ヒデェと思うようなものだったけど。そして、札幌ではどうなることやら……。

 そうそう。今回トークさせたのはOSTERさんらしいという話を目にしたのですが、審議はいかに?
スポンサーサイト