Twitterのほうでちょっと英語の話があったから不意に思い出したこと。

 今年初の秋葉からの帰り道でした。いつものように電車に乗って、相変わらず懐は寒いけど気持ちは暖かいぜ、ヒィハァー! なんて思っていたら、不意に声をかけられました。

「This stop?」

香港だかシンガポールっぽいその人は、停車駅の案内板に載っている一駅を指さしています。通勤快速か何かに乗って目的の駅を降り過ごした経験があるのでしょうね。私は一秒ほどそんなことを考えて、

「stop、stop!」

と、同じように案内板の一駅を指さしていいました。その人は納得した表情で電車に乗り込んでいきましたが、

私ってめっちゃカッコ悪いよな?

って、その背中を見ながら思いましたよ。だって、英語どころか言葉にもなってないんだぜ? ナニコレ? 周りには何人も人がいたのに、どうして英語がダメダメな私に聞くっ! あぁぁぁぁあああああああああ。

 まぁ、私も同じ電車に乗ったので、その人がしっかり目的の駅で降りたことが確認でき、ほっとしたわけですが、やっぱりカッコ悪いよなぁ。同じように外国人絡みで格好悪いことは、小学校の頃にも体験しているのですが、そっちの話は別にいいか。
スポンサーサイト