相変わらず、削除上等な内容です。

 五月から悶々と考え始めて、六月に本格的に着手し、七月ネタを潰してようやく出来上がった喋らせてみたネタ。幸運だったのが本日休みが取れたこと、だったりします。理由は、医者に行くので半休ほしいといったところ休んでしまえと上司にいわれたからです。素直に喜んでいいのかどうなのか、複雑な気分……。

 それはともかく、どうしてこれほど長くなったのか……。エンコが大変でしたよ、ホント。とりあえず、今週(8/31)の週間アスキーのお供にどうぞ。

 以下、愚痴へと続きます。





 まぁ、作成時間が長いと調整のやり方も少しづつ変わってきてその変化が出ていなくもないですね。子音に意識を向けすぎたと反省。この辺りの具合はもっと勉強するべきですね。効果がありそうで裏目に出ているのばかりですし。

 後、miki。はじめて触ってみたものの……色々と辛い。この辺りはミクが素直すぎる可能性も大なのですが。じゃじゃ馬だけど~、と歌詞にある歌もありますが、ミクは素直だと思います。本当。

 今回、DYA(声の大きさ)よりもBRI(吐く息の大きさ)を重点的にいじってみましたが、こちらだとツンツンした感じになってしまいましたね(BGM、のGとか)。何事もいじり過ぎは良くないということでしょう。

 PITは前半は細かく、後半は大雑把になっています。ぶっちゃけ、時間に追われているからなのですが、どちらの方がいいのかは悩みどころです。

 全体としてここまで長くなるとは思ってなかったので、正直、戸惑ってます。長さだけなら目付き悪いP(ボカロを喋らせている人で作品が長いことでも有名)にも負けないぜ☆ と、いう状況ですね。

 話の内容はウィキやらニコ百科やら献血の際に配られたミク年刊などを利用していたのですが、どこをどうすればいいのかわからない。そこでまず、時系列に沿っていくことだけを決めて選曲へ。しかし、これがまた大変で。初期の曲はたくさんありすぎて、最近のは知らなすぎてアップアップ。もうね、もっと時間をかけるべきだったと激しく後悔。

 で、内容はぶっちゃけ、出たとこ勝負。これまではある程度プロットを組み立てていたのですが、情報が膨大だからプロットを立てている時間はなくもうね。本当に時間をもっと取るべきでした。

 絵の方は相変わらずでこれまで以上にざっくりしたものです。ほんの少しだけこれまでらしさを出していますが、気がつく人はいないでしょうなぁ。

 本当に大きなことはもっと時間をかけるか、時間がないのなら協力相手を探したほうが賢いなぁ、と思った次第。まぁ、こんなに大きなことはもうないと思いますが、計画的に、ということを肝に銘じておきましょうかね。
スポンサーサイト