予定リストは意外と多かったですがなんだかんだで継続するやつが決まったのでちょっと感想を。相変わらずなモノばかりですがねぇ。

◯けいおん!!
 明らかに予算増えたよなぁ、とOPの感想。ノリは相変わらずなので前作が楽しめれば楽しめます。とはいえ、弱ったことに音楽関係に明るい人が遠くに引っ越したためそのあたりをフォローしてくれる人が見当たらず、個人的にはちと残念だったりします。ギターの値段のこととか、指のストレッチのこととか、色々あるんだけどなぁ。うーん、本当に残念。

 最後に。あずにゃんは可愛い。反論は認めない。


◯エンジェルビーツ
 素っ頓狂な一話で挫折する人が多そうですが、見続ければ結構楽しめます。ただ、どうもノベルゲーチックなんですよね。絵の見せ方とかが……。まぁ、最終話ぐらいになれば様になってくると思いますが。後はそこまで見ている人達の気力が持つか、です。地味にうつ要素が散らばっているのがががががが。


◯ワーキング
 あまり期待していなかったのですが、面白いじゃないですか! 伊波さんばかりに注目がいっていますが、ポプラはカワイイと思うよ、うん。メインの声優陣がちゃっかりバトロン勢で個人的にそちらでも評価が上がっていたり。
 しかし、形無し、あらため小鳥遊くんを他人だと思えない私は一体……。


◯荒川アンダーザブリッジ
 こちらも全く期待していなかった作品。一話を見て切ろうかと思ったものの惰性で二話が録画してあったので見てみたらはまりました。
 一言でいうなら、「ディスコミュの境智」。化物語であの噛みあわないトークがツボに入った人ならば間違いなくはまるかと。後は個性の強すぎるキャラクターを処理できるかどうかですね。まぁ、個性が強すぎるからこそ、ディスコミュニケーションになっているわけですが。


 そんなわけで今回はこんなものです。付け加えるのなら、一度は迷い猫オーバーランを見ることをおすすめします。あのこれからの楽しみを根こそぎとっていくOPはもはや狙ってやったとしか思えませんから……。
スポンサーサイト