ぶらりとしていたら今更ならら方言がツボにはまりました。まず、方言そのもので楽しんで、次に「そこは違くね?」という地元住人たちのコメントを楽しむと。いやはや、妙に近くの知り合いの顔が浮かんだりと、面白いです。

 まず、オリジナルはこちら。



 言わずと知れた曲ですが、これが基準になりますからね。ここまで弾幕が残っているとは……。では、早速。



 トップバッターは長崎弁。あぐっ、って何? としばらく考え込みました。どうやら、やる、という意味のようですが……ここまで頻繁には使わないとか。どうなんだ?



 長崎に続いてお次は熊本。ぶっちゃけ、後半何をいっているのかわからない。字幕もカッコがないと何かが書いているのか理解不能という状況に。タグに「だいたいあってる」や「違和感なし」がついていることから、地元の受けはいいらしい。……わからんばい。



 お次は福岡、博多。やや熊本に近いものの、こちらは理解可能。うん、後半で少し困りますが。



 九州勢最後は鹿児島。どうやら鹿児島には明確に男言葉と女言葉あるらしいです。混沌ぐわいといい、さすが鹿児島といわざる終えない……。



 広島。なんでしょうね、声は脳天気なのに言葉がアンダーグラウンドのことを知ってますヨォ? 的な感じを出しているのは……。



 お次は讃岐。香川ですね。「~きん」とかいわれるとすぐさま瀬戸の花嫁の燦が出てきてしまう私。相変わらずだなぁ。しかし、どれも後半になると訳がわからなくなる……。



 さてさて、関西。実は九州勢が多くてそれ以外はなかなかいいのがなかったりします。歌ってみたならあるのですが……。関西弁はなんだかんだで聞き慣れているんだなぁと思いました。



 がねがねと、名古屋です。しかし、こんなにがねがねいうのだろうか?



 新潟。流石に長いだけに北と南では違うとのこと。短いのが残念。



 お次、群馬。とりあえず、はじめのバンザイコメは恥ずかしいからやめてもらいたい……。田舎の婆っちゃんがこんな感じだよなぁ。




 山形です。個人的には福島と茨城もほしかったのですが……どちらも県歌はあっても方言替えはなし。探し方がまずかったかなぁ。このあたりから濁音が目立ってくるようです。ぶっちぎりにしてあげるもあって他のよりもオトク感満載ですwww



 仙台、宮城。北のほうがさ行が目立つということが聞いていくとわかりますねぇ。



 秋田。誰が亞北ネルにかけろと。意外と東北はどれも特徴が似てますね。九州とは大違いだ……。九州はむかしっからお隣さんと仲が悪かったからなのだろうか?



 もはや日本語ではない。津軽です。もうね、何を言っているのか……。


 そんなわけで最後はこちら。坂本龍馬の人気にあやかろうということで土佐。幡多弁とはなっているものの、コメを読む限り土佐弁かと。



 北海道はともかくとしても沖縄は欲しかったなぁと思ったり。まぁ、日本もいろいろということですな。どういう締め方だよ、をい。
スポンサーサイト