今回の映画です。感想は後半に回すとして、初、3D体験でした。



 ネタバレ含みの後半。

 あらすじはこちら(公式HP)を覗いてもらうこととしまして、

ストップモーション、スゲー!!

と、まず思いました。その昔のSF映画はほとんどそうなのですが、やはり時代が違えば見た目も明らかに違いますね。映像も綺麗でしたし。

 話の内容としてはまぁ、ベターなところ。可もなく不可もなく、といったものですが、もう少し登場人物をたたせるようにしても良かったなぁ。少なくとも黒ネコが劇団ひとりというのはどこかミスキャストのような気も……。
 全体的にダークな感じの映画ですので、きらびやかなものを求めるのならやめた方がいいかと。

 チョイ役がなかなか面白く(よく解らん草とか、犬蝙蝠とか)あの辺もストップモーション何だと思うとそれだけで恐れ入ったりします。

 やはり、話がベターすぎるのが欠点ですかね。ベターでも、序盤がどうもダラダラしたように思えるので、そこで勢いを削がれたというかなんというか……。中盤以降の映像なんかで盛り返そうとしますが、私の場合、3Dというのが激しくネックになってしまったわけで……。

 映画そのものは十分楽しめます。できれば、字幕で観たかったなぁ。




 で、こっから3Dの話。感想がどうもに自分の中でまとまらないのは実は3Dのせいだったりします。

ぶっちゃけ、観づらい!!

 私はメガネをかけているのですが、メガネの上にメガネをかけるという実に不自然な状態に陥ります。そんな状態だから、ズレまくるわ、重すぎるわで干渉に集中出きませんでした。確かに奥行きがあったり飛び出してきたりしてきましたが、どうも、ズレと重さが気になり思い切ってメガネを取ってみたところ、

二重に写っていて何が何だかわからんわ!!!

結局、重さとズレを耐えるため、右手でひたすら支えるハメに……。

 メガネをかけている人の事も少しは考えてくれませんかね? 本音を言えば、3Dでなくていいから普通に観たかった。200円も上乗せしてこんなに苦労するんじゃ、結構損だよ……。確かに奥行きがあっても面白いことは面白いですが、メガネをかけている皆さん、3Dを観るときはコンタクトにしましょう。そうしないと本当に映画に集中出きません。
スポンサーサイト