今更ながら読んでみた「星守る犬(著者・村上たかし)」。なんか知りませんが、涙腺がもろくなる作品です。まぁ、もろいのはいつものことだといわれるとその通りなんですが。

 話は犬と中年男性の話。この男性、別段悪いことをしたわけでも、怠け者でも、悪いやつでもないのにどうしてこんなことになっているのか、ってな具合です。たまたま何かが悪かっただけなんでしょうね。犬も犬でいい感じにですし。

 話は犬目線ですのでいろいろと謎があります。ただ、そのことに疑問を持たないで健気に中年男性を信じ続ける犬の姿にまた心揺さぶられるわけで……。久々に帯にだまされてよかった作品でした。

 ちょっと心が荒んだときに読むといいかもよ?

 
スポンサーサイト