気がついたら14時間以上DIVAをやっている私。そんなにやってハードが出ているのが四曲のみってどんなにダメダメ人間なんだよ……。まぁ、マイペースでやっていきます。しかし、ミクにどうも目がいってしまうのは、どうにもならないんだよなぁ。

 で、今更ながらアニメの感想。

○けいおん!
 知り合いと盛り上がった。ただひたすら盛り上がった。あずにゃんの出番が少なかったのが心残りですが、これ以上だらだらやってもなぁ……。難しいところです。

○宇宙かけ
 舞HiME以降の伝統というかなんというか……。話しそのものは面白かったのですが、消化不良が多々ありますよねぇ。アニメそのものとしては普通でしょうか。ただ、ミクとのコラボは余分以外なんでもないと思いますよ? クリプトンさん?

以下、継続中のもの

○ハガレン
 展開が早いですが、これぐらい出ないと消化しきれないでしょう。原作遵守でいくのなら、ラストがさびしいことに……。

○蒼天航路
 ずいぶんと超人が出てきます。まぁ、このあたりは仕方ないですが。こちらも駆け足気味のような気がします。董卓が呂布に殺されて、混乱している世からが面白いというのに……。あっという間に父親が死にまして、その後大虐殺へ。うーん、どうもベースが北方三国志だからそちらと比べてしまうのですよね。個人的には北方のほうが登場人物に人間味があって好きなんですよ。これはこれで面白いですが。

○ハヤテ
 いつものごとく、だらだらと。さして面白いわけでもなければ滅茶苦茶つまらないわけでもないので見てます。

○真マジンガー
 ここまでロボット同士が戦わないとすがすがしいものがあります。世界観にひきづられているのが良くわかる……。話をどうもっていくのか、気になるところです。
スポンサーサイト