こんな記事を見つけました。

著作権料を集中処理 JASRACなどが新組織

音楽配信事業者の団体と日本音楽著作権協会(JASRAC)などは、音楽のインターネット配信に伴う著作権の使用料支払いに必要な情報を、一括して扱う組織を共同で設置する。

これって、この前公安が入った原因をそのままネットで使いまわしているのでは? まぁ、言いたいことはわからなくもないですが、

将来は映画やアニメなどを対象にする可能性もあるという。

これはどういう意味ですか? 何で音楽関連の団体が映画やアニメの著作権に手を出せるのか、私にはまったく理解できません。つまり、MADは全滅、書いてみたはそう取り締まり、記号化されたオリジナル絵もパクリなので呼び出されるのですね? 音楽関連の著作権をまとめている団体に! そして、

ネットワーク音楽著作権連絡協議会(NMRC)に加入する複数の配信事業者が基金を拠出し、

ジャスラックはアップされた音楽や動画のお金プラスこれらの企業からもお金が取れてウハウハですね。

一般社団法人「著作権情報集中処理機構」を今月中にも都内に設立する。

と、いうことで、天下りもやりたい放題ということです。いいなぁ、他人のふんどしで儲けられるところって。
スポンサーサイト