実はちゃっかり、パート1。虎牢城のほうが私は好きなんですけどね。だって、呂布と赤兎って、格好いいじゃない? それに、赤壁じゃぁ、司馬慰もでてこないし、馬超もいないし……。中国じゃ、赤壁が人気なんだろうなぁ。





 色々言うものの私が知っているのは北方謙三の三国志のみ。よって、色々言いたいことはあるでしょうが、大目に見てください。

 話は魏が北をすべて治めたところから始まります。三国志で個人的に一番面白いであろうところがすっ飛ばされている感もなく……。袁との戦いとか、曹操の策謀とか、ごちゃごちゃしているがために面白いものだと思うのですが……。

 まぁ、ともかく、劉備軍の敗走が頭です。劉備軍が民をつれて敗走していたのは諸葛亮の作戦、というのが北方三国志。というのも、民を連れて逃げれば魏軍はそのまま民も殺し悪名が出てくる。反して劉備軍は民を守ろうとして徳の将軍の名をさらに上げられる……こっちのほうが、中華っぽい、と思う私はもうだめなのでしょうか?

 その後、劉備軍随一の軍師、諸葛亮は孫権と手を結ぶために動き出し、反魏の連合を結成。長江で魏対反魏連合の戦いが始まる、わけですが、話はそこで途切れます。パート2へ続く、というわけです。

 意外と見やすい作品でした。出だしに前書きがあったのはよかったですし、主要な登場人物はしっかり名前が出てきます。大河ドラマ、見たいな感じでしょう。

 欠点としては、事前にある程度知っているほうがいいかなぁ、と。特に呉あたりはまったく知らないと、なにそれ? ということになりかねないかも。孫堅、孫策、孫権の関連は知っておいたほうが、孫権の苦悩もわかりやすいんじゃないかと。

 それと登場人物の多さ。このあたりはスターウォーズとかを見慣れている人なら問題ないかもしれませんが。

 ハリウッドのような映画とはちと違い、力をあせて巨大な敵に立ち向かう、的な要素が大きいです。曹操が完全巨悪になっていますが、まぁ、そんなもんでしょ。
スポンサーサイト