ここしばらく、バトルロンドばかりやっているだめ人間です。

 そういえば、どき魔女2はとりあえずクリアしましたよ。感想は後日。さて、ハサハと一緒にちょっくらリィンバウムを救ってきます!


 さて、今回は「凡人として生きること(押井守・幻冬舎新書)」です。スカイ・クロラが絶賛公開中で、間違いなく、これにぶつけてきた本です。

 内容としては作者が思うこのご時勢、といったもの。まぁ、とくにこれといって目新しさはないです。ただ、言えるのは、

押井守はおっちゃんである

と、いうこと。本人曰く、ネットはほとんど見ないようですし、その上こんなほとんど誰も見ていないようなブログを見ることもないので、まったくもって気にする必要はないのですが、決して悪い意味ではありません。むしろ、この本に載っているような話を面と向かって聞いてみたいなぁ、と思ってしまうのですよ。こういうおっちゃん、私は結構好きなので。

 本の内容としてはステレオタイプだよなぁ、といった感がしなくもなく、まぁ、そこがおっちゃんらしいといえばそうなのですが。ただ、譲れないところもあるようで、そこがまた、おっちゃんらしいです。

 まぁ、この本を読んで映画を観に行くか、映画を観てから本を読むかでだいぶ映画と本に関する印象が変わるかなぁ、と思います。押井守という監督を知りたいのなら買ってみて損はないでしょう。
スポンサーサイト