今年はなんというか落ち着かなくてですね。更新できなかったわけですよ。って、ブログを始めてから落ち着いた時があったかどうかと聞かれると困るものですが。そんなわけで落ち着かないという理由で更新してなかったというのは厳しいですね。実際、すごろくでいうなら振出しに戻るみたいな状態なのですが私のこれまでがずっと振出しに戻りっぱなしなので、そんな繰り返しにつかれてしまったとでも思ってください。

 んで、そんな振出しに戻ってひしひしと感じたのは本当に時代は変わったんだなぁということだったりします。すでに行く先がなくなった状態をどうにか脱したいと思い職業訓練に通ったりもしていたわけですが、自己紹介の時に趣味がゲームと胸を張っていう若者がたくさんいたときはもう驚きでしたね。私のころなんて趣味でゲームとなんていえませんでしたから。そもそも20代で職業訓練なんざくるんじゃねぇよって思いましたが。若いっていいですね。
 ほかにもアニメの話題を会社で普通にできるってどういうことだよ? と戸惑っていたりします。アニメがすでにドラマやバラエティーと同じ枠なんでしょう。アニメを見ているからオタク、という枠組みではもうないのを身をもって体験していました。今ではむしろネットでボカロを聞いているということがオタクらしいです。対象は変わってもオタクはやはり嫌われ者の代名詞なんでしょう。

 そんなわけで私の生き方が振出しに戻っても世界はさかのぼるようなことはないようです。世界が動いている方向が前なのか後ろなのかどこなのかはわかりませんが、少なくともリセットをすることなく動いているようで、私はそれに戸惑い続けています。
スポンサーサイト