浅田真央選手が選手を引退したとかでテレビが盛り上がってました。特番作ったりとかしてこれまでの過去の軌跡をずっと追いかけています。これをちらりと見て思ったのですよ。まるで彼女がどこか遠いところへ行ってしまったかのような感じだなって。ストレートにいってしまえば、なくなってしまったかのような感覚。そんな感覚になったからか妙に切なくなってしまいました。スタードライバーじゃありませんが、彼女の人生という旅はこれからも続きます。フィギュアスケート選手だったころのように華やかな道ではないです。もしかしたら解説者としてこれから生きていくのかもしれません。もしかしたら監督としてこれから出てくる金の卵たちの育成へいくかもしれません。もしかしたら全く関係のない会社に入って一から社会を含めた勉強をしていくかもしれません。もしかしたらすでに付き合っている彼氏と籍を入れ専業主婦として頑張っていくかもしれません。彼女の旅はまだまだな長い。そして旅の先も無限に用意されています。彼女が死の間際で人生を振り返ったとき、フィギュアスケート選手時代がいくつもある記憶に残る思い出の一つであるように願います。
スポンサーサイト