全然更新してねぇ! ということで、映画の感想です。最近の何かをやるモチベーションの低さは異常なほどです。うーん、弱った。

 何やらアカデミー賞であったようです。それはそれとして、以下感想です。





 ミュージカル映画ということで突然歌います。私はもっと歌いまくりなのかと思ったのですがそうでもなかったですね。ものすごくハリウッド受けはするだろうなぁという映画でした。映画にでることを夢見て地べたを這いずり回っているヒロインとジャズについて同じように地べたを這いずり回っている主人公の話で、おう、そっかー、という感じ。話は偶然の出会いから始まって夢をとるか恋をとるかという話になります。元は夢で付き合い始めたわけなので、互いの夢がすれ違っていったわけです。その辺の描き方は好きです。

 アイフォンとかプリウスとか出てくるものの作品の雰囲気がものすごく古めかしいって感じでした。なんでしょうね、あの雰囲気は。ロマンスとでもいうのでしょうか。ハリウッド全盛の空気がプンプンです。そりゃ、ハリウッド受けするわな。

 劇中の曲、スターの街よーとかいうものですが私には「帰りたーい 帰りたーい あったか(略)」のCMの曲に聞こえて聞こえて仕方なかったです。結構物語でカギとなっているからかかるかかる……。

 最後の最後でなぜか君の名は。のような展開になりますが、君の名は。でも秒速5センチメートルでもない終わり方をします。前者ではありきたり感を後者で虚無感を覚えた人にはちょうどいい塩梅かと思いますが、どうでしょうか?
スポンサーサイト