行ってきました。今回ほど現地に行きたいと思ったことはないです。もう、選曲が私好みすぎ。

Cut.Cut.Cut.に...In The Neme Of。...LOVE?とか一番聞きたかったやつじゃないですか。特に後者。あれは会場で本当に聞きたかった。Pを含めたすべてを曲が制圧した世界を、アイマスのライブで、感じたかった。そしてあの手の声が私は好きなんだなぁ、と実感したり。ライブハウスでやらないかなぁ。piece of cakeをそのあとに持ってきたのもよかったです。しっかりと音作って、いい音響で聞けば今よりもさらに化けると思うんですけどね、インザネは。

ジュリアはもう狙いすぎなほど狙っていて、これでダメなPはいないだろうってほど。プラリネは心にきますね。個人的にはプラリネなんかは生でやった方が演出含めて更に映えると思うのですが、アイマスでそういう(っぽい)ことをやったのが受けているのかもしれないです。
そしてプラリネからのアイル。あえて指輪を見せて、マンガを読んでるとうおってな演出。あれ? 特典CDの方だっけ? とにかく、きましたよ。ハイタッチとかね。きっと終わったあと瑞希がジュリアにハイタッチせがむんですよ、えぇ。間違いない。もう、最高かよ。

個人的にめちゃくちゃ感動したのが、ゆきよさんのアフタースクールパーティタイム。最初のボロボロさを知っているので、なんかもう歌えていたことに感動。若干後半で怪しいところはありましたが、そのがんばりは称賛すべき。

感動といえば合言葉はスタートアップでかなりそうなったのですが、最後の挨拶でボロボロじゃねーか! と。しっかりと最後の挨拶が繋がっていたのに。らしいといえばらしいですが。

ライブビューイングってことで見方は限られてしまうのは少し残念ですが、Machicoさんのおへそが気になって気になって仕方なかったのですが、狙いすぎじゃないですかね?
画といえば、最初の挨拶でことりさんが「子豚ちゃんたちー」のくだりで豚鼻をしたY㌧を私はもっとしっかり見たかった。つーか、落ち着きないよね、Y㌧。

そんな感じですが不満点もないわけではなく。まずマイク。なんで音を拾わなかったのだろうか? ナンスが不憫……。カメラの方もどうも演出と噛み合ってない部分がぼちぼちありなんだろうな、と。後はやっぱり生の音で聞きたいよなぁ。ただCD音源流すだけじゃほんと物足りない。特にインザネとプラリネ。前者は現地ではまた違っていたのだろうか?

とはいえ、ものすごく満足したのは事実。やっぱり現地に行きたかった。ものすごく、行きたかった。
スポンサーサイト