動画で削除というのを聞くといつも悲しくなります。まぁ、違法アップなら別の話ですが、何かしらその人の手が加えられて作ったものならばどんなに下手なものでもそう感じてしまいます。

その作品には確かに何かの思いがあるってそれがなくなるように感じてしまうからでしょう。なにも思いがない作品というのもあるかもしれません。でもそこから思いをとってしまうかどうか別の話。思いの有無やその価値、どういったものかは作者はもちろん、それに触れた人にも発生するものですから。だから削除というのを聞くと悲しくなります。私のそういう機会が永久に失われたということに。たくさんの思いが消えたということに。

こんなのは私のわがままだといえばそうです。作品の扱いは作者にあるというのも正しい。だから静かにしています。その事を批判するつもりもありません。色々考えて出た結果なのでしょうから。それでも、せめて削除された作品にたいしてのこの気持ちだけは持たせてください。
スポンサーサイト