IAワンマンライブ

 楽しめました。ミクフェス09があのままいったらこうなったんじゃないかな、と思うほどです。

 ダンサーがいたり、曲を提供している人が出てきたりとこれまでのミクライブファンの方々には受け入れられなそうでしたが、それにも負けずしっかりと映っていたので私は十分満足でしたし、決して邪魔にもならなかった。ラップやDJのあおり、ギターのパフォーマンスなどIAだけ見るのではもったいない!! 曲も序盤は特にいい感じのが多くて大満足。IAだけ見てもいい、ほかも見てもいい。サイリューム振ってもいいし、体をゆすっても、歌ってもいい。とにかく楽しい。

 私の隣には武道館のミクライブに参加したグループ(持っていたキンブレと会話から間違いないでしょう)と、アイマスのP(アイマスのライブがー、ぬーがーといっていたのでこちらも間違いないです)でしたが、開始早々唖然。あなた方の知っている一体感のライブも楽しいけど、思いも思いに曲を楽しむライブもあるんですよと。曲を知っているから盛り上がるんじゃなくて、音楽そのものを楽しむんですよと。 

 曲のほうが思っていたよりもカゲプロが多かったです。一曲ぐらいかなと思ったら三曲ほどありました。ONEもゲストというかアナウンス係として登場。その後、曲もあり。

 一応喋らせている者としてMCも気になりました。あれは中の人に喋ってもらって加工しているのでしょうかね。当事者しかわかりませんが、気になります。

 個人的に感慨深かったのは、アンコールのラスト曲。三周年の歌詞コンペの曲でした。一応応募した身としてはいろいろと思うところがありまして。あぁ、こういう感じのを求めていたのね、と。方向性は間違ってなかったけど個人によりすぎたか……。私の歌詞技能は棚上げさせてもらいます。私バージョンをどこかにひそかにアップしたいですが、怖いので止めておきましょう。

 Party Partyがなかったのは残念でしたが、そのくらいです。ささやかな問題。二回目も楽しみです。
スポンサーサイト