早々に観に行ってきましたよ、進撃の巨人。ファーストデーとはいえ早い時間がIMAXしかなかったためか人はそれほどではなかったです。とはいえ、真ん中は埋まっていたので私みたいな朝一で映画を見てそのあとショッピングやらしようと思う人が多かったのでしょう。たぶん。

 以下感想です。




 基本的なストーリーを原作になぞるのなら、エレンが巨人化するところまでです。なんというか、賛否否両論になるのはわかります。

 まずいうのなら、これは典型的なオタクが嫌う実写映画ということ。オタクたちは設定をそのまま生かした形での実写化を望みますが、この作品はそれをまっこうから拒否しました。例えばデスノートは基本的なキャラクター設定はそのままです。そこを残したうえで物語をどうやって映画の枠内で納めていくか、ということをやりました。しかし、この作品はキャラクターそのものを大きく変えてしまった。エレンの変更はまだ大目に見られるとしても、ミカサ、リヴァイ(シキシマ)のあたりは間違いなく反感が出てくるでしょう。リヴァイに関してはものすごく黒幕臭がするし。もっともそう思わせておいての可能性も捨てきれない演出でしたが。

 次に色恋沙汰。なんというかね、まぁ映画に入るのかもしれないですが……。終わって出てくる際、「恋愛云々はいらない」という女子二人の話にいいたいことはわかるなぁと思ってしまいました。実写版エレン君はとことん恋愛にはついてないようです。

 話としてはどうしても日本という設定を生かしたいのであれば原作ではなく完全なスピンオフ作品にしたほうがよかったんじゃないの? と思ってしまいました。

 映像に関しては相当楽しめました。グロテスクなところがわんさかですのでそこは気を付けてもらいたいですが、はじめはどこぞのギャグでしかなかった巨人が終盤では恐怖の対象になっていくのはこれでもかってぐらいそのシーンを見せられたからでしょう。立体起動装置はもっと頑張ってもらいたかったなぁとは思いますが、まぁ満足。とにかく巨人が町を壊していくシーンを見て、これだよ、ギャレゴジラに足りなかったのはこれなんだよ!! と心の中で叫んでしまいましたね。

 話は二部構成のためこれから挽回するのかもしれませんが、エレン君に少しでもいい彼女が見つかればいいなぁって思います。

 そういえば、巨人ってどうして首の後ろが弱点なのに頭を吹き飛ばしても大丈夫なんでしょうね?
スポンサーサイト