映画というよりOVAの劇場鑑賞会ですね。混んでました。ものすごく混んでました。


 以下感想。

←安彦良和さんが監督とな!?




 モビルスーツ戦はルウム戦の時のみです。

 話はジオン・ダイクンが倒れてその忘れ形見のキャスバル、アルテイシアがどうなったかというもの。政権抗争に巻き込まれ身を守るため地球へと亡命していく。そこまでが描かれます。

 モビルスーツがドンバチするのを楽しみにしているのならば素直にユニコーンを見たほうがいいでしょう。カリスマのリーダーが倒れそこで人々の思惑がどう動いていくか。個人的にはかなり楽しめました。もちろん、大本の機動戦士ガンダムの内容を知っているのでどういう思惑があったのかその後どうなるかまではわかるのですが、それでも登場人物の思惑が絡み合っていくストーリーは面白いです。ザビ家でもズレがあったりしてその辺りも面白い。

 こうしてみると、シャアは主人公らしい主人公なんだなぁとふと考えたりします。偉大な父。しかし父が殺され追放(亡命)されて……。うん、普通に主人公ですね。

 さて次は地球での生活とキャスバルとアルテイシアの決別になりそうです。モビルスーツの開発に関する出来事もあるようなので楽しみです。
スポンサーサイト