上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 久々にボカロ界隈の一部についてつらつらと取り留めもなく書いていこうかと思います。

 3周年ということで気になったので見てみたIAのトーク&ライブのニコ生。これを見終えて思ったことは、会社とIAを使って作品を作っている人(P達)とお客さん(ファン)、この3つの乖離が激しいようなぁ、というものでした。なんだろうな、と思ってずっと見ていましたが、原因はそれぞれのスタンスの違いなんでしょう。

 会社はIAを使って利益を出したい。これはどの会社も同じですが、ここの場合はそれが第一目標みたいになっているように思えてしまいます。そして多分、どのボカロ関係の会社よりもコネやプレゼン力がある。これは間違いないと思います。そうでなければIA/03のメンツなんてそうそうに集められるとは思えないです。なんてったってメインがVOCALOIDなのですから普通の歌手やアーティストなら断るでしょう。
 コンペディションにしてもかなりそこに力を入れていると私は勝手に思っています。なぜなら、意外と「該当者なし」が多いですから。それだけ現実を見ているといえばそれまでですが、ボカロにそこまでの現実が伴っているか私はいいたかったりします。
 そんな私の意見はともかく、じんのこれまでを見てみてもやっぱりシビアなんだろうな、厳しいんだろうななんて思います。普通これまで好きで曲を作っていた人に、(ゴーストライターかどうかは置いておくとして)小説を書かせた上にアニメの原案もさせたりはしないでしょう。

 その辺りが会社のP達との乖離です。P達は殆どの場合自分が好きでやっています。そりゃ、お金がもらえるのならばそれに越したことはないのでしょうが、それがメインというわけではありません。この食い違いがIA/03をプロに任せた原因なのかもしれません。もちろん、これは私の邪推です。

 そして会社はファンとも乖離しています。ファンはどちらかといえばIAが見たい。もしくは好きなPを見たい。でも会社が見せるのは実際のプロです。正直、ワタナベイビーの時とかもっと頑張ってやれよっ! って思ってましたね。その辺りのズレがどうも見えてしまいます。

 P達とファンとの場合乖離ではなく信者ですか。個々人の差がでてきてしまいなかなかひとまとめには出来ません。

 そんな感じでそれぞれがずれているためになんだかなぁ、という気になってしまったのだと思います。個人的には贔屓にしているボカロの一つなので頑張ってほしいものの、どうなのでしょうね。少なくとも私のようなスタンスの人は会社にとってはいらないのでしょう。まぁ、関係ないですが。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトIA3周年のニコ生をみて思ったことをつらつらと。

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。