長年「努力」という言葉がどうも嫌いでした。まぁ、このブログを読めばわかることですが。

 で、どうして嫌いかというと、努力が報われるなんていうことは多くないのにそういうし、それを認めながらも「成功している人は皆努力しているんだ」なんていう人はそれよりもさらに嫌気が差します。余計にひどいじゃないか! お前の努力は無意味かも知れないが頑張れ、なんてどの口がいうか!! といつも思ってしまうわけですよ。

 で、目からうろこがボロボロこぼれたのがビルドファイターズトライを見ていて登場キャラメイジンカワグチの台詞から。

『頑張った』というのは他者へのエールだ!!

もう、ボロボロですよ。その通りです。

 頑張る、「困難にめげないで我慢してやり抜くこと」が他者へのエールなら、努力、「目標を掲げ、そこに到達するために邁進すること」はそれを達成した者の称賛じゃないのか。まだその道半ばや途中で挫折してしてしまった者たちにこの言葉をかけられるはずがない。

 きっと私だけが納得できる結論なのでしょうが、これで努力という言葉に引っかからなくてすみそうです。

 しかし、アニメは本当にいいものですよねぇ。
スポンサーサイト