上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 そんなわけで冬コミで買った同人誌の感想をいくつかダラダラと書きます。アイマスがほとんですがご容赦を。まずはSS。

 タイトル(作者またはサークル名)の順です。

◯空も飛べるはず(広瀬凌さん)
 以前紹介したアイドルマスターミリオンライブ(ミリマス)の北沢志保メインのSS、トゥルーマン・ショーに祝福をの方です。

 アイドルマスターシンデレラガールズ(モバマス)のキャラ、森久保乃々が主人公の話になっています。ネガティブな主人公がアイドルになろうとする物語。個人的にはネガティブというより臆病、引っ込み思案といった言葉がしっくりするのですが物語のキーであるうさぎや「ねがてぃぶ」という言葉表示からその辺りは意識しているんだろうな、という私の勝手な妄想じみた邪推をしてみたり。

 おっかなびっくりだけど一歩を踏み出していくその主人公を自然と応援したくなるお話でした。乃々以外にも渋谷凛や神崎蘭子などのキャラもでてきますがモバマスを知らなくてもそれほど問題ないかと。どうやらこれまでの作品と世界観は繋がっているようなので又の機会にそちらは買ってみようかと思います。

 カバー裏も要チェックですが、なんというか、楓さんがバッドマンのジョーカーみたいなポジションになってますね。ダジャレにこだわるから、ジョークーのほうがいいですか。ふふっ(黙れ)。

 余談ですが初めて読んだのがトゥルーマン・ショーという映画を意識して作られていたので今回はスピッツかな? なんて思ったのはきっと私だけでしょうね。


◯アイドルマスターミリオンライブSS合同 We Make A Dream THE@TER!!(対馬さん)
 合同SSということで作者は主催の方を書いています。全9作からなるSS集です。個々の作品を取り上げると長くなるのでざっとした全体の話で進めます。

 話はゲームに沿った内容から、やっている人だとニヤッとしてしまうメタネタ、登場キャラだけで世界設定を大きく変えた話まで様々。それぞれがかなり色の濃いものとなっているので一つ一つは万人受けしないですが、どの作品も受け付けないということは少なさそうです。

 同人誌としてはかなり厚い本となっていて、600~700ページ近くはあります。ともあれ最大の問題は厚さではなく、ページの記載がないこと、です。自分がどれぐらい読んでいるのか、はたまたどこまで読んだのかさっぱりわかりません。この厚さになると感覚もあまりあてになりませんし。しおりをフル活用して私は読み進めました(まさかしおりをふたつ使うとは思ってなかったですね)。この辺りは次回作の課題ということで楽しみにしています。

 ミリマスのキャラだけでなくモバマスのキャラが出てきたりしてその辺りの世界観も人それぞれで楽しかったです。黒井の人気が意外とあって少々驚きました。



 ここからマンガなどSS以外です。

◯ミリマスゴウドウボン3(ソクシコンボさん)
 タイトル通り合同本です。それぞれ楽しめますし、この中で自分に合う作家さんを探してみるのもいいでしょう。思っていた以上にジュリアがいました。

◯K/S☆KANASHIHO(ソクシコンボさん)
 可奈と志保の四コマです。耳から血を出しても可奈を思う志保さん……健気?

◯絵本の歌詞を絵にしてみた(k.sHoさん)
 ミリマスのCDにある志保の曲、絵本を題材としています。曲をどのように解釈していくか、というのは面白いです。自分の解釈と同じところ違うところ、どのような音がなっているか……様々な見方ができるからこそ興味深かった作品でした。

◯しほこれ(透音さん)
 いろんな服装の志保さんが拝めるというすばらしい本。グリッドガールいいですよね! ねっ!

◯そして赤に染まる(れいかるさん)
 ラブライブのにこ真姫本。ただし、かなりドロッとしています。お互いがお互いのないものを強請り、欲しがり、奪い合う。最後に笑うのは……?
 こういうのも普通にありそうですよねぇ、え?


 てなわけで以上。他に神姫関係や18禁もいくつかありますが割愛させて頂きます。黒子、かわいいよ、黒子。アクイダ、シャララズはあいかわらすお美しい。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト冬コミで買った同人誌の感想(アイマス系がほとんどです)。

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。