ほへぇ、アメリカでねぇ。詳しい内容はボクヒト日報さん(ボカロとヒトのあいだ)などでやるのでいいとしても、最後の絵面はやっぱり色々と考えてしまいます。

 しかしやっぱりうーんと考えてしまうのはやっぱりミクさんはたくさんの人に見てもらうのではなく、使ってもらいたいと思っているからなのでしょうね。きっとこの考えは老害の原因なのでしょうが……まぁその辺りも考えて先月の作品は作っていたわけですが。

 これからミクさんの行く世界はどんな世界なのでしょうか?

 2014/10/10 6:59にボカロとヒトのあいだのリンク先と一部変更
スポンサーサイト