上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 よくよく考えると、ミクさん以外の”生身の”ライブって水樹奈々以来ですね。ミリオンライブのワンストはライブビューイングでしたし。リアルラックがマイナス補正の私がよくとれたものです。

 思いのほか長くなったので本編は後半で。










 今回の上演時間は5時間以上と、水樹奈々のときが4時間以上だったのにどうして伸びているのかと……。もう、若くないんですからさぁ。

 詳しい内容に関してはネットの記事や私よりも知っている方のブログがあるのでそちらに任せるとして、ここからはごくごく私的な内容のみで書いていきます。アイマスということでinnocent starterぐらいしか知らなかった水樹奈々のライブよりは楽しめました。水樹奈々の場合、innocent starterが好きすぎて他が聞けないという私自身の問題があることを何故かここで釈明しておきます。

 今回あたった席がなかなか前の方でかなり近くで見ることが出来ました。ミリオンライブのライブビューイングの際に前方でヲタ芸を繰り広げていた輩がきたので内心かなりビビってましたがそんなことはなく、素直に楽しめました。とはいえ、後ろの人のサイリュームが私の頭を何度もかすめたことは、ライブが楽しかったのでなかったコトにしましょう。

 さて、最初に印象的だったのが釘宮理恵だったりします。中村繪里子、今井麻美はアイマスタジオをよく聞いていた時期があったのでイメージつきやすかったですし、下田麻美は意外とミクのライブで出てきました(とはいってもかなり違っていましたが……)。原 由実、沼倉愛美はニコ生配信でのイベント関係でちょくちょく目にしていたのでそれほどでもなく、平田宏美、浅倉杏美は声優自身にそれほど興味ない私にとってはこういう人なんだ、というものでした。そんなわけでよく目にして(耳にして?)いるのに本人をほとんど知らない釘宮理恵は新鮮でした。まぁ、あれが素なのかどうかは定かではないですが。

 選曲の方は9:02pmが出てきたことには驚き。全体的にアップテンポ主体化とおもいきやそうでもないバラード調も多くて老体の私には嬉しい限りでした。Sentimental Venusにはびっくり。ミリオンライブからの曲だったので、まさかと思いました。ミリオンの伊織曲は好きですけどね。映画って感じで。

 終始TOKYOを引っ張ってました。浅倉杏美のは今井麻美もいっていたようによかったですよ、足は鼻血ものですよ。つーか、特に腰から下がものすごくセクシーですよね。もうね、qawsedrftgyhujiki

 さて、茅原実里の登場は驚きました。ただね、私がヒートしたのは、

ストラーフのボイスパーツがきたぁぁぁあああああああああ!!!!!!

というもの。うん、アイマスとは全く関係ないですね。私が黒子こと武装神姫のストラーフが好きなのはこのブログで散々書いているので割愛しますが、その時のテンションはそこにストラーフしか見えない状態だったわけですよ、えぇ。うん、アイマスとは全く関係ないですね。ただでさえ神姫に飢えている現状でこれはそうなってしまいますって。マスターっていって欲しかった……。
 そして何より、その場にはツガルとウェスペリオーとブライトフェザーがいるんですよ。もう、

バトルロンドじゃないですか!!!!











もう、テンション上がりっぱなしになりますって。

……

うん、アイマスとは全く関係ないですね


 話をアイマスに戻して、やはり青い鳥からの約束はくるものがありました。両隣が号泣しはじてたので少し戸惑いましたが、これもまたライブの楽しみです。
 M@STERPIECEで手拍子できて私はかなり満足。これがやりたかった。

 10周年に向けて色々とやっていくような感じになってましたが、少々不安がありながらもこれからも続けていければと思いました。継続は力なりってこういうことなんでしょうねぇ。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトTHE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!へ行ってきましたよっと。

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。