ぼかろPになりたい! という雑誌が発売されました。よくある雑誌を集めて勉強しようというものですね。



 まぁ、ボカロもこうなったかぁ、という感想なのですが、どうもボカロP界隈の騒ぎ方がおかしいように思えてしまいます。

 ひと通り揃えると、大体4万5000円位かかるようです。この手の雑誌ですから仕方ないですが、VOCALOID一つにそれはおかしい、というのです。しかし内容を見てみると、Singer Song Writer Lite 7という音楽作成ソフトもある様子。これが大体1万8000円、ボカロの方も1万5000円。合わせて3万3000円。その差額は1万2000円です。

 内容が使えるかどうかはさておいて、さて、これをどう考えましょう。少なくとも高いというボカロPはボカロの方にしか目を向けてないのは確かです。それはそうで、音楽作成ソフトをもっているのですから。

 何より納得出来ないのはとあるPは高いといって買わないといいながらこのボカロで作品をあげていたこと。もちろん、自分のいっていたことを自虐ネタにしていればよかったのですが、いっていたことと同じ内容を作品にしているという……。なんでしょうね。新手の燃焼商法ですか?

 まぁいいや。未だにその手のソフトを持っていない私があーだこーだいっても説得力ないですしねー。
スポンサーサイト