ミリマスのライブビューイングのついでで観に行きました。いやはや、カップルに挟まれて最悪でしたよ、えぇ。

 以下感想です。






 さて、私が知っているXメンの基本情報は、目からビームが出る奴とウルヴァリンぐらいです。なかなかひどい知識ですが、それでも十分に楽しめたのは流石です。

 話の流れとしては、シュタインズ・ゲートに似ています。ミュータントを滅ぼそうとしている兵器センチネルを何とかするため、過去にさかのぼりそのきっかけを防ぐ。そのために意識だけを過去に飛ばせる超能力を使って不死身の体を持つウルヴァリンが選ばれた、という話。シュタインズ・ゲートはそれを何度も繰り返していきますが、今回は一度だけです。そしてシュタインズ・ゲートとのもう一つの違いは、主人公ウルヴァリンの立ち位置が鈴羽ということ。要するに飛んでくる側です。

 そんな訳で少々複雑なこの話ですがシュタインズ・ゲートとくらべていくと整理しやすいかと思います。

 話の中ではなんだかんだいって敵役のマグニートーがいい味を出しているのがなんともいえないですね。強すぎるよ、マグニートー……。
スポンサーサイト