さて。アニメも始まりました。一話の方は第一巻をそのままですね。これからどうするのでしょうね?

←久々ですね。




 今回は登場人物の一人、カノの話。……前巻を無視してますね、えぇ。

 ここまで読んでようやくわかってきたのが、ひとつの事件をいろいろな視点で書いているということ。人を選ぶやり方ではあります。総て一冊で完結しているのならともかく、そうじゃないのでどうもぶつ切れ感というか、突拍子もない感じがしてしまうのです。

 そんな全体はともかく、この巻の感想ですね。まず、これまでよりも読みやすかったです。流石に5冊も書いていればそれなりに書き方もわかってくるということなのでしょうか。なにより、主人公が一人になっていたためつかみやすかった、というのがあるのでしょう。
 カノ、キド、セトの三人の話としてしっかりしてたのはよかったですね。

 まぁ、能力の謎はまだまだなのですが、ラスボスっぽいやつの話は出てきましたねぇ。
スポンサーサイト