上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 色々と好評なので行ってきました。さすがに満員。いやはや、凄いですね。正直、公開から結構経っているので余裕だろと思っていたのですが甘かったようです。

←原作。13年は何かと話題になっていましたよねぇ、百田尚樹。






 V6の岡田さんが主演ということで明日遠のいていた私。正直、こういうのは地雷以外なにものでもないと思っていたのですが、考えを改めるべきのようです。本当によかった。祖母の死をきっかけに祖父のことを調べていくという話の流れで徐々に祖父のことを知っていく過程にものすごく入れ込んでしまいました。

 何がよかったかといえば、戦時中の雰囲気の作り方。ものすごくはっとさせられたのが、戦争が終わった世界を「もしも」という世界で語る所。戦時中のシーンでずっと感じていた違和感がここでようやくなくなりました。実にうまく出来ていると思います。なにより、出てくる語り部たちが下手に今どきの言葉を使わない所もまたいい。若干誇張させすぎなのかもしれませんが、これぐらいのほうが映画らしいデフォルメの仕方だと思います。

 いまいち釈然としないのが今の祖父が実は本当の祖父でなかったということを孫が知らなかったということ。まぁ、長女の方は知っていたようですが。とはいえ、意外と家族ってそんなものかもしれませんね。

 戦闘のシーンはよかったと思います。邦画もやれば出来るじゃないか、とまではいわないものの見れるものでした。

 個人的に一番気になったのは合コンの流れ。実際熱くなればなるほど場違いになり、どこか世の中と切り離されたような感覚になります。映画では主人公であるため救われますが、現実では彼らのほうが正しくあり主人公のような立場は煙たがれます。正直、主人公の心境のシーンなのでこんなことを考える必要は全くないのですが、常に浮いている身としてはなんだか心の置き場所に困る場面でした。

 年をとったからどうかわかりませんが、どうも心にくる映画でした。ただ、過去を振り返る場面ではどうも見方が時代小説風な見方になってしまう自分もいたりして、過去と繋がりある自分とフィクションとして楽しむ自分とがない混ぜになってとりとめのない気持ちになってしまいます。時代の変化の間にいる今だからこそ体験できる気持ちなのかもしれません。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト映画 永遠の0 の感想。

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。