最近の艦これはものすごいですね。アニメ系の雑誌は軒並み艦これ。まさか、コスプレ誌すらも艦これとは……。
 それはともかく、ラノベ版艦これの感想になります。続きはありそうですね。

←まぶらほやけんぷファーの作者が書いているとのこと。




 ラノベとしての出来は上々なこの小説。艦これだし、かなり抜いた感じなのかなぁ、と思っていましたがそんなことはなかったです。戦艦ネタはわからないので入っているかどうかわかりませんが、話はしっかりしていたし、買いではないかと思います。

 主人公は陽炎。ゲームでもぱっとしませんが、史実でもぱっとしなかったようです。あとがきを読んでなんともまぁ、と。そんな陽炎が今回は奮闘します。

 主役も曙、皐月、潮、霰、長月と駆逐艦の中でも影の薄いメンツが揃っています。大丈夫かと思いましたが、これがまた良い方向へ。それぞれの性格が出ていて楽しいです。
 キャラは他にも愛宕がまたいい感じになっていますので、ファンは見ものでしょう。

 魚雷発射の関する描写はそうなるよなぁ、と思いながらもその辺りをしっかり書くのは流石だなぁ、などと感心。確かに、あの装備の仕方じゃ、丸見えですね。

 不満点があれば、高雄。彼女、なんだか嫌な感じしかなかったんですよね。続編でフォローするのかもしれません。そして何より提督。案の定、俺ら状態だったのですが、小説として書くとなんとも頼りないというか、アホっぽいというか、なんというか……。最後の最後で一応フォローはしてますが、もう少し書き足してもよかったんじゃないのかな、と。

 とはいえ、とても満足する作品でした。島風とかちょい役でしかないのにものすごい存在感で今から登場が待ち遠しいです。……続き、あるよね?
スポンサーサイト