上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 すっかり忘れてました。ドラゴンボールの感想です。良くも悪くもドラゴンボールでしたねぇ。




 話は魔人ブウ以降のものとなってます。まさかピラフ一味が出てくるとは思わなかったので、びっくりです。懐かしいですねぇ。意外と出てきて二度びっくり。

 話の感じは初期のドラゴンボールといったものでしょうか。だから、ナメック星以降のドラゴンボールが好きな人にはちょっと物足りないと思います。そんなわけで、ギャグは多めになってます。なんだかんだいっても意外と一般的なビルス様です。時間のためか、ピッコロあたりの出番は意外と少なめ。悟飯は……。ベジータは色々と頑張ってますが、これは確かにこんなのちゃうわいっ! っていう人が出てくるでしょうが、「がんばれカカロット、お前がナンバーワンだ!」といった後ですしねぇ。

 細かいところを考えるとツッコミ満載なので「頭空っぽのほうが夢詰め込めるー」という感じでいったほうがいいと思います。

 お祭り映画としてみれば十分満点かと。思い出補正もかかるので、その後ドラゴンボール談義していた人たちが数組いましたね。

 しかし、プリンぐらい用意してやれよ、ブルマ……。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト映画 DRAGON BALL Z 神と神 の感想。

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。