溜まっていた本の一冊です。あの後も幾つか衝動買いしてまた溜まっているわけですが……。全然消化しきれてないですねぇ。





 とりあえず、5が出る前に読み終えられてよかったと。話はサモンナイト3の本編終了から番外編までの間の出来事です。ナップ君、成長して……。

 一応これまでの筋書きがありますので本編を忘れていても問題なしです。序盤の50ページぐらいはこれまでの説明ですから。しかし、まさか他の生徒達も出てくるとは思いませんでした。ゲスト出演といったニュアンスですが、嬉しいですね。

 美味しいところをカイル一家に持っていかれたなぁ、といったのが率直な感想。ファリエルが何気にキーキャラクターになっていたりしていちファンとしては嬉しかったりします。人を殺めるってことはその分だけ重くなった業を背負って生きていく。その業に苛まれたアティをどうにかしようとして島の皆一丸で立ち向かっていくのは、サモンナイトらしいといえばらしいです。

 あとがきには3も含めた歴代キャラにはキャラなりの話が未だあるようなので、楽しみにしていてもいいですか? 個人的には2のデグレアあたりの話を期待したいのですが。ま、再始動したことですし、気長に待ちます。

 そういえば、3をまだクリアしてないなぁ。ジルコーダのあたりで止まってるよ……。
スポンサーサイト