いってきましたよっと。随分とゆったりと見ることが出来ました。しかし、隣に座っていたバカップルよ、もう少し綺麗にポップコーンを食べろよ。ゴミは会場でてすぐにゴミ箱が準備されているんだから自分たちで捨ててけよ……。やっぱり、あの映画館はだめだよなぁ……。スタッフも、客も。

 さて、以下感想です。




 感想とはいっても、一言。

良くも悪くもディズニー映画でした。

 映像は良かった。あの陶器の人形はもう私の色々なツボ要素を押させすぎていて良すぎでしたよ。あぁ、うちの神姫たちも動くとあんな感じなんだろうなぁ。大きさはもっと小さいからその辺りは差し引いても……。それ以外にもクライマックスの花火のシーンとか色々とありました。

 話の内容としては、三流マジシャンのナンパ野郎が国を助ける話。……あれ? 意外と面白いように思えてしまうのはなぜだろう? それはともかく、見終えて思うのは、やっぱ、ディズニーだなぁ、ということ。どこがどうとはいえないものの、見ると、あぁディズニーだ、と思ってしまうのはもやは時代劇的なのかもしれません。ほら、水戸黄門とか大岡越前とか、あんな感じです。

 元の話であるオズの魔法使いの話を知っているとそちらとの関連でも楽しめると思います。弱虫ライオンらしきものが出てきたり、カカシの兵隊が出てきたり……。まぁ、それはそのはずなのでその辺りのファンサービズもしっかりやっているのでしょう。

 しかし主人公がなんというか……リア充なんだよなぁ。まぁ、いいんだけど。

 そんな訳で典型的な春休み映画でした。あ、人形が好きな方は陶器の人形だけでも十分夢はせられると思います。って、そんなニッチなニーズに売り込んでどうするよ、私。
スポンサーサイト