上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TPP交渉参加へ米から「満額回答」 反対派説得、下地整う

 まぁ、予想通りというか、なんというか。

 正直、コメに関してはどうでもいいのですが、知的財産権に関する問題はどうなったのでしょうね?

TPP問題は農業・医療だけじゃない 知財・著作権関連の論点は

 ってな感じで話題にするべきなのになぁ。基本的に文化とかそういったものに興味が無い日本人だからどうでもいいのでしょうね。ことのほか、サブカルに関しては見当違いなことばかりやっていますしねぇ。その点でいえばコメを代表とする第一次産業なんて保護しすぎて駄目になっているって点でいえば、コインのオモテウラの環境にあるもの同士が反対するっていうのも面白いですね。片方は無視され続けて、もう片方は保護されすぎてて駄目になっている、というもの同士が手を取り合えるのですから。

 しかし、米韓のFTAの現状をよく見ているのかしらね、自民党は。アメリカが「円安を大目に見てやっているんだから、TPPはしっかりやれよな」ってことなんじゃないのかなぁ、と勘ぐってみたりします。


日経「バイト時給が上がり続ける原因はゆとり教育にあるのでは…」

 2ちゃんでしかもまとめサイトだから、と贔屓目で見ていたものの、いくらなんでもひどすぎだろうに。ゆとりはどっちだよ。つーか、日経って経済関係メインの新聞じゃないのですか?

店長に話を聞くと「この春、大学生のバイトが2人いっぺんに辞めてしまう。募集広告は昨年から出していたが、反応が鈍いので思い切って時給を引き上げた」という。(斜体はリンク先より引用)

と、書いてあるのに、

柘植社長は「授業時間が大幅に減った”ゆとり世代”には接客すらできない若者が少なからずいる。そのため、店側も採用時に厳選しなければならなくなっている」と断じる。

て、どういうことですか。人が集まらないのに選り好むのですか、企業様は。選ばなければ職はある、と求職者を批判する口はどの口ですか、どの口ですか?

(人材を育てる余裕が無いため)最初からふさわしい人に来てもらおうと考える店側の意志が時給上昇に現れている」(同)

人が集まらないから時給を上げたっていう店長の意見を全く聞こうとしていませんね。人の話はよく聞こうって子供の頃に親から教わらなかったのかなぁ。

 しかし、なんでもかんでもゆとり、ゆとりといわれ嫌な世代に生まれてしまったものですね。バブルで楽して就職しそのまま会社に寄生できているような人のほうがよっぽどゆとりだと思いますが……。まぁ、寄生先見つけることが重要なこの日本社会では仕方ないのかもしれません。人(国民)は会社に寄生して、会社は自治体や国に寄生して、国や自治体は国民(人)に寄生して……。はぁ。


 しかし、最近は記事が長くなることが多いですねぇ。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。