ますます”リア充化”するインターネット

 だよなぁ、本当にどうだよなぁ。記事の方はえらくふざけたところがありますが、いっていることはそうだよなぁ。

 リア充と犬の関係はともかくとしても、LINEやフェイスブックが自分の知っている友だちとつながる。これがこれまでと明らかに違うのは確かで、少なくとも私が同様に感じてしまいます。LINEにしてもフェイスブックにしても、登録して一ヶ月たたない間にアカウントを削除したもんなぁ。だって、何を書けばいいのかわからないんだもの。このブログの延長線上でやるには内容が同じだから意味ないですし、じゃぁ、とブログ以上に趣味に特化しようにも、「同じ趣味の人」を見つけることがかなり難しい。リアルでつながっているからって、私のごくごく少数な知人関係が皆ボカロに好意的かと聞かれれば、そうではない。むしろ、へぇー、で受け流す人がほとんどで、あまり行為に思ってない人もいる。まぁ、だからといって、その人が嫌いなわけではないのが複雑なところですが、少なくとも記事として書くことになると気にはなりますよね。「今日はこんなことがあったぜ、ヒャッハー!」ってほど、私のリアルな生活は充実してませんから。

 ただ、現実は非常でLINEとかフェイスブックとかがこれから主流になっていくのでしょうね。現実の交友関係≠ネットでの交友関係が現実の交友関係=ネットでの交友関係という形になっていく。去年はその転換期で今年はリア充と私のような人間との端境期なんじゃないのかな、と。ドワンゴの会長いわく、私たちは駆逐されるようですが。

 そういったことで、時代を捉えたニコ動というは確かにですね。結果としてニコ動はコンテンツを消費するこれまでのマスメディアの出がらしみたいな感じになってしまいましたが。

 さて。最後まで私は足掻きますか。ここがなくなると本当にどこにも居場所がなくなるのですから。
スポンサーサイト