前記事の続きみたいなものです。まぁ、前記事以上に暴走しそうですが。

 以下ネタバレあるので後半へ。







 さて。ざっと思ったことは前記事に書いたので割愛。

 ヤフーのレヴューで、ひどいひどいとあって、その中に旧劇場版なみだ、というのを見つけどれほどのものかと思ってましたが、それほどでもなかったですね。旧劇場版のほうがはるかに虚無感に包まれましたよ。それに比べれば最後、アスカがシンジの手を引いいてレイ(仮称)と三人で歩んでいくシーンはカヲルがいった、希望、なんだと思います。すべてを裏切られ、絶望しか残っていないシンジなのですから、正しくなのだと思います。

 このクライマックスでのシーンで空とアスカの場面は破でも似たようなのがありましたよね。あの時は自信に満ちて自慢げに、自分を誇張するかのように見ていましたが、今回はそんな様子もなく、単にシンジを軽蔑しきった目で見ているところがなんとも考えてしまいます。それだけスレ切れるほどのことが14年間であったのでしょう。

 しかし、よく考えてみれば、エヴァの中に14年間もいたので外の世界や自分のやったことを知っているわけがないですよね。それで他人からあんな目で見られ続けたのでは確かに逃げ出したくなります。教えてもらおうとしても誰も教えてくれない状況で、エヴァに乗るな、だけじゃ普通に居心地悪どころではないです。あぁ、そんな気分わかるわぁ。

 私の気持ちはさておき、心も体も14歳のままなのだからよけいに辛いでしょう。そりゃ、アスカたちは体はともかく心は成長できるでしょうが、シンジはそうもいかなかったのですから。「ガキね」というアスカですが、ガキなのだから仕方ないでしょう。

 そんなヴィレからネルフへと逃げ出したシンジはそこで自分の行動の結果、世界がどうなってしまったかということを知ることになるのです。しかも、助けたかった人も救うこともできず。破のラストであそこまでいったのですから、落ちようも半端ないですよ。そして、世界をやり直そうとカヲルと一緒に13号機に乗り込む、と。

 まぁ、ここまでいったら誰がなんといおうと槍を引き抜こうと思いますわな。すべてのものに贖罪するためにも。正直、カヲルが槍のからくりに気づくのがもう少し早ければ、止められたでしょう。その辺りもなかなか良くて、カヲル自信予想外だったって感じが出てました。

 そんなわけで、シンジの心を中心とした内容だったのだろうな、ということです。そんなわけだから、トウジたちがどうなったか、ヴィレの経緯やトウジの妹やヴィレの人々がそこに行くまでの流れなんかは端折られて当然なのかもしれませんね。

 前作までのような感じでは全くないのは確かですが、だからといってダメだっていうものではないです。まぁ、新劇場版から観た人には、は? って感じなるのはわからなくも無いですが。

 しかし、どうせなら16年後にしちゃえばよかったのに。成長しない体になったエヴァパイロットとエヴァ放送当時からファンで在り続ける私のようなヲタクへの皮肉として、ね。皮肉が効きすぎて無理だったのかなぁ? そして、マリはポストカヲルになるのかどうか、そこも気になるところです。

 そういえば、TV放映された6分間にはマリの歌が入ってないんですよね。まぁ、個人的には明らかなネタバレ(破の時も同じだったと思うのですがどうでしょう?)なので正解なのでしょう。いつまーでもー どこまーでーもー♪
スポンサーサイト