やっと観に行けました。前作と前前作の感想はこちらから。





公開初日にいけなかったのが悔やまれますね。それでも劇場は七割型埋まってました。仲間どうして来ている人がほとんどでしたね。

 しかし、開始時間から10分ほど遅れたのはなぜ? 一回目とはいえ、いくらなんでもないでしょう。そして、

まどマギのパンフがないってどういうことよっ!!!


 さて、以下感想です。





 テレビの時にも流れましたが、まずはあのOP。前作をしっかり観ていても、え? となります。まさかの大気圏外とは……。

 細かな話は別記事に回すとして、ここでは個人的な主観ですが、映画としての感想です。エヴァとしてみると意外と語れますのでね。

 正直、ここまで長くする必要があったのか? と思ってしまいます。いや、正味三十分で何とかなったでしょうに。前作後、あの事件をきっかけにし、世界がニアサードインパクトが発生し世界はさらに崩壊。それから14年経ってシンジが目をさますところから始まります。

 前作までにあった爽快感は全く無いですね。まぁ、騒ぐのもわからなくはないです。とはいえ、このレベルのことはエヴァに限らず映画作品ならよくあることだと思うのですがね、どうでしょう? 日本映画ばっかり見ている人にとってはきついのかもしれません。

 絵の方は十分綺麗。問題は、14年も飛んだ世界設定でどんなことが起こったのか説明がされていないというところをどう捉えるか、ということなのだろうと思います。

 良くも悪くもシンジの話が今回のQなのだと私は思います。その辺りも別記事で。

 そうそう。今回もマリは歌っていますよー。



この歌を聞いて改めて内容を考えると、色々と考え深くなってしまう私です。

ひとりじゃないってー♪ にゃにゃにゃにゃー♪
スポンサーサイト