そんなわけで行って来ました。

ユティランヌス

羽毛が生えていた全長6メートルのユティランヌスです。

 正直、私としてはいまいちでした。その、なんというか、代わり映えがしないというか……。まぁ、毎年いっているのですからそうなるのも当たり前ですが、今回の場合、羽毛をテーマにしてそれに絞ってやってもらいたかったなぁ、と。どうして恐竜は羽毛を持ったのか。恐竜が羽毛をもつ意味とは。元々化石になりづらい羽毛の化石がどうして中国で多く出ているのか。
 カタログを読むとその辺りをメインにしているのはよく分かるのですが、実際会場に行くとどうも、ただ並べてあるってだけの感じがしてしまうのですよね。

 照明とか展示の仕方も考えてもらいたかった。小さい標本は地面に置くのではなく、見やすい位置において欲しかったですね。直感的に確かにわかるのですが、いかんせ、見づらいです。

 しかしまぁ、人が多かった。どうしてこんなに来ているんだってぐらいでした。

 展示の仕方をもっと考えてくれれば、結構楽しめたと思うのに。残念です。

 そういえば、デジカメがボロ過ぎてろくに写真が取れてなかったのは本当にどうにかしたほうがいいですね。流石に7年近くも前のやつは駄目ですね。ちょくちょくいってますがなかなかいいデジカメに出会えないのですよねぇ……。弱ったものです。
スポンサーサイト