月日が経つのは早いのか遅いのか、どうもわからなくなっている私です。

 テレビなんかでも総括をよくやっているようですが、少なくとも私はものすごい影響を受けたのは確かです。と、いうのも、これまで少しづつ積み重ねてきて、ようやくできた私自身の土台を見事に粉砕してくれたから。東北の復興にしても、福島からの原発問題にしても、私の土台となる基礎の部分が崩れてしまいました。それは何かといえば、最低限度の社会の信頼。政府や自治体、緊急時に最も頼るべき対象が全く頼りにならなかった。それも、必要最小限のことが出来なかった。

 それまで、私は必要最小限のことを社会がやっているという前提で自分の考えやこれからを考えていたのです。こんな辺鄙な場所でかれこれ5年以上ブログを続けているのも、私という反面教師を見てもらうという理由があって、それは社会が必要最低限度のことをやっているからこそ、できていたわけです。それを見事打ち砕いてしまったのだから、もう、私はどこへ向かえばいいのかわからない状況でした。

 今でもそのことは変わっていなくて、どうしようもなくなっています。ひたすら困惑してあたふたして呆然としているうちに一年が経っていた。今の私の感想はそれだけです。

 もっとも、反面教師がうまくできているのか、果たして効果があるのかどうか、という点についてはお茶を濁すわけですが、まぁ、聞かないでください。
スポンサーサイト