いつものことながらグダグダです。まともなシナリオってどう書けばいいのでしょうね?

 調声の方はいつもよりも、発音記号をいじりませんでした! うん、いろいろいじってもただ聞きづらいだけのような気がしたので、思い切って殆どいじってません。果たしでどうだかなぁ?

 パラノーマル・アクティビティに関しては、絶対に予備知識ないほうが楽しめます。ホラーですが。かなり誇張してますが、悲鳴が聞こえていたのは事実(第二章ですが参考までに)。
 なので、キャーコワイー、っていうのを狙ってレンがリンを誘った。リンは怪しい匂いを嗅ぎつけて、はちゅねを巻き込んだ、という話なのですが、長々となるのでこの説明をバッサリカットしました。まぁ、はちゅねがそう説明するのもおかしいですしね。
スポンサーサイト