やっと観に行けました。いやはや、本当にタイミングがなかったからなぁ。

 そして、なにやら放課後のプレアデスががが。



 おっさんびっくりしましたさ。

 そういば、スバルってトヨタに買われたんだよな(正確には傘下に入ったかな?)。あまりこの手のモノにいい印象を持ってなかったトヨタがアメリカとはいえ初音ミクをCMに使ったのは、これがあったからか? と勘ぐりたくなる……。

 ともあれ、頑張って欲しいなぁ。



 そんなわけで、ブラックスワンの感想へと続く。





 まぁ、結構話題になったので余分なことは省きます。ホラーっぽいのでその手が嫌いな人は心したほうがいいかも。

 おあずけ期間が長かったからか、期待していたよりは、うーん、という感じでした。映画としては良く出来ていたお思いますが、白鳥の湖が元ネタだけに、先が読めちゃったのが。

 やっぱりこの映画の見所は、ナタリー・ポートマンに限るでしょう。演技が本当に頑張ってます。見習えよ、日本の俳優陣! まさか、自慰のシーンもやるとは……。本当に体当たりでやっています。アカデミー賞をとっただけあるわぁ。

 そして、意外とエロイ。そのあたり、箱入り娘からの脱却みたいなのがあるので、余計に……中学生だったらおかずになったなぁ。

 ダンスシーンは目が痛くなるので、少し困ります。色々と仕掛けがあるようですが(ブラックスワンが出ていたり)、ひたすら、痛い。

 CMにも出てきた、ブラックスワンのシーンは、典型的な「そこはCMに使っちゃだめだろ!!」シーン。考えてもらいたいものです。こんなのだから、CMだけでいった気になるんだよ。もっと伏せろよ!!

 バレエに関してはまったく知識がないのでなんともいえず。こんな感じかぁ、が精一杯ですね。

 そんなわけで、普通に楽しめる作品ですが、アカデミー賞という名前だけだと、少し物足りなさを感じてしまうかもしれません。とったのがナタリー・ポートマンですから、そこは外れなしなのですが。
スポンサーサイト