“緊張の夏”がやって来た…爆発・炎上など注意呼びかけ=中国報道

 まず、タイトルで吹きそうになった。緊張の夏、中国の夏、ですね。

特に自家用車を改造した人は、修理や点検を行うべきと呼びかけた。(リンク先より引用)

もはやどこからどう突っ込むべきか。

 しかし、この記事を書いた如月隼人氏、中国の爆発担当のようなのです。

マンション21階で爆発…化学薬品保管、炎噴出・ガラス降る=西安

拾ったロケット弾「便所のパイプに使える」と叩いて爆発=雲南

警察の押収爆発物保管所で爆発性肥料が爆発…猛暑原因と説明=河南

北京市で路線バス炎上・爆発…目撃者「暑い日だったから」


 こんなに爆発が怒って死者が出てないというのがすごい。つーか、どうしてだよ? 一日一爆発してないか? 爆発した理由が、暑い日だったからっておかしいだろっ!!

 そして何を隠そう、この記事はみな、如月先生なのである!! 流石だよ……。

 そんなわけで、記者を見てみるのも面白いかもしれないよ、というお話でした。いやはや、会社でみるものではないよ、ホント。
スポンサーサイト